【新品雑誌せどりex】スピード感も重要になった新刊せどり

sinkan

>>公開は終了しました<<

古本だけでなく新刊本でもせどりができるというと意外に感じる人もいるかもしれません。

なかなか手に入らない書籍であればプレミア価格がつきますから、定価より高い価格で出品を
しても売れていくケースは少なくありません。

もちろん、あなたの近所にある書店で手に入る書籍であったとしてもです。

あなたの近所には在庫があっても、その書籍がほしい人は過疎地に住んでいるので近くに書店
さえないという状態かも知れませんし、たまたま、そのエリアでは見つけられなかったものが
あなたの身近な書店では在庫があるという状態も多いものです。

在庫のない書籍を書店で取り寄せてもらうと、1週間から1ヶ月はかかることも珍しくないため
ネット通販で在庫があれば割高であっても購入意欲のほうが上回って買うという人もいます。

それこそ、定価の2倍以上の価格がついていたとしてもです。

大阪市在住のプロせどらーである和泉有実さんは、ハードカバーやソフトカバーなどの書籍を
狙うよりも、新刊雑誌に狙いを絞ったほうがいいとアドバイスをします。

しかし、同じようなことを考えているせどらーは少なくありません。

リサーチした時に在庫切れになっているので、近所の書店に出かけて仕入れてきたら、すでに
多くの出品者が同じ雑誌を出品していたのでプレミア価格どころか値下げ合戦に巻き込まれて
しまって大損をしたというケースも増えているのです。

また、せっかく在庫切れになっている雑誌を仕入れても全く売れずに在庫になっているという
経験をしている人も数多くいます。

これでは、まったく意味がありません。

品切れになっている雑誌を片っ端から仕入れるのではなく、事前に先行きの見通しを立てた上
で仕入れるかどうかの判断を行う必要がある
のです。

そこで役立つのが「新品雑誌せどりex」です。

和泉さん自身の新刊雑誌せどりの経験を元に、リサーチからプレミア化するかどうかを予想し
目利き力を高めることができる内容になっています。

全くの未経験者でも取り組めるように、amazonマーケットプレイスの登録といった基本的な
ことから書いてありますので安心です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ