【公務員試験短期合格メソッド】正攻法と裏技の併用で独学でも合格できる

komuin

appli02_yellow

公務員試験で課されるペーパーテストは、出題範囲が幅広いだけでなく、問題数も多いことから
なかなか満足できる点数が取れないものです。

その上、筆記試験よりも、その後の面接試験の方を重視する傾向が強まっていることから、面接
対策もしっかりと行わなければいけないとなると、何から手をつけていけばいいのか分からずに
パニック状態になっているかもしれません。

そこで、熊本県にある公務員試験対策室の沢村弘樹さんが独学で短期間で合格圏内に入ることが
できる学習方法を教えてくれます。

まずは沢村さんからのメッセージが届いていますのでチェックしてみましょう。

受験者数と合格者数を比較すれば一目瞭然ですが、不合格者のほうが圧倒的に多い公務員試験に
おいて、膨大な広さの試験範囲があるのにもかかわらず短期間の学習で合格することなんて可能
なのかと疑いたくなるのも当然でしょう。

公務員試験は入試と同じで、定員の範囲内に入らないと次のステップに進めません。

資格試験のように、合格ラインを上回れば、人数に関係なく合格とするような試験ではないから
です。

このため、ライバルより1点でも多く点数を取るために試験直前までインプットを続けるという
のが一般的な考え方だと思います。

しかし、沢村さんは、この考え方を一蹴します。

知識を増やすよりも公務員試験向きの勉強方法やテクニックを知った方が多く得点できることが
明らかになっているからです。

このような裏技なんて所詮は水物だから役に立たないと切り捨てる人もいますが、表面的な裏技
といった解法テクニックだけでなく、答えを導き出すコツを身につけながら学習に取り組む事で
短期間で効率良く受験対策を進めていくことができるのです。

出題者がどのような意図で問題を作成しているのかと言った観点で問題を見れば、従来のように
知識を当てはめて答えを出していくといった受験勉強とは異なるアプローチで取り組めるのでは
ありませんか?

常識的な知識だけでも、問題は解けるからです。

【詳しくはこちら】

サブコンテンツ

このページの先頭へ