【保険営業成功の黄金律】精神論より重要な「本当に成果を上げる」方法

hokeneg

appli02_yellow

保険営業」と一口に言っても、生保と損保ではカラーも大きく変わってきますし、被保険者に
直接セールスを行うのか、代理店に対してセールスを行うのかによっても異なります。

また、法人向けと個人向けでは全くと言っていいほどにセールス手法も違いますので、勘違いを
したまま保険営業の仕事についてしまうと、戸惑うことにもなりかねません。

個人向けの生保営業というと、悪名高きセールスレディなどの密着型の売り込みが有名ですが、
「G・N・P」という言葉もあったように、ひたすら精神論で押し通すのが営業成績を上げる秘訣
などと言われていた時代も有りました。

しかし、サラリーマンの給料自体が減少し続けている状況においては、かつてのように保険料の
支払いに回せるだけの金銭的な余裕もなくなりつつあることから、全く契約しないという家庭も
増えています。

生命保険や医療保険どころか、年金や健康保険といった公的保険までも支払えない人が増加して
いるわけですから、難しい現実がわかるというものです。

このような厳しい状況において、どのようにセールスを行えば営業成績を上げられるのか悩んで
いるのではないでしょうか。

もちろん、保険料を支払ってもらえる経済的余裕のある人にターゲットを絞る必要が有ることは
いうまでもありません。

貯金ゼロ、食べるだけで精一杯という人を相手に生命保険などのセールスをしても、時間の無駄
だからです。

その上で、営業成績を上げるには、トップセールスが何をしているのかを知る必要があります。

「売れる考え方」や「セールススキル」を身につけることで、あなたもトップセールスになれる
からです。

といっても、生保営業の場合は個人商店のようなものですから他人にノウハウをべらべらと話す
ような奇特な人はめったに見つけられません。

そこで、保険セールス研究会の大倉誠さんが、営業成績に悩むことがなくなるポイントに絞って
短期間で好転させるためのマニュアルを作成しました。

それが「保険営業成功の黄金律」です。

17個の黄金律で、実態の乏しい、ごまかしだけの精神論ではなく、具体的な行動ベースで考え方
から変わるように構成されています。

【詳しくはこちら】

サブコンテンツ

このページの先頭へ