【中国輸入の極み】すでに時代遅れ?飽和を打開する転売法則

cn-imp

>>公開は終了しました<<

中国転売なんて時代遅れだと思っていませんか?

たしかに、中国から商品を輸入して、国内のヤフオクなどに出品して差益を得るというビジネス
モデルは何年も前から行われていますから目新しさは感じませんし、飽和状態による競合激化が
見られる状況ですから、いまさら後発組が参入しても稼げないと思っているかもしれません。

しかし、中国輸入起業家の佐々木勇気さんは、中国輸入転売特有の転売法則を身につければ問題
ない
といいます。

いったい、どういうことでしょうか?

中国輸入転売では仕入元としてタオバオを使うことが一般的ですが、タオバオに出品されている
商品数は数十億あるといいます。

その中で、リサーチツールなどを使って見つけ出した、価格差の大きな一部の商品だけが過熱化
しているのであって、ごく一部の過熱化した商品群だけを見て飽和したと決めつけるのは間違い
だというわけです。

佐々木さんは、このような競争状態にある商品ではなく、メーカーやブランドの影響をまったく
受けないノーブランド品の中でも「日用品」に着目して仕入れることで、仕入れ値の10倍前後で
売れることも珍しくない
と、数多くの実績を元に説明しています。

しかし、タオバオに出品されている日用品であれば、何でも仕入れたらボロ儲けできるわけでは
なく、中国輸入転売のビジネス構造を理解した上で適切な行動を行うことが成功の秘訣です。

そこで、佐々木勇気さんが今までの経験や、多くの未経験者や初心者などにコンサルティングを
行って稼がせてきた実績をもとに、適切な行動を行い中国輸入転売で成功するためのマニュアル
を作成しました。

それが「中国輸入の極み」です。

佐々木さんによると、全体の95%もの人がスタート時点で間違った行動を行った結果、全く稼ぐ
ことができなかったり、ビギナーズラックで稼げたとしても継続的に稼げずに挫折するといった
結果に終わっているといいます。

これでは意味がありません。

中国輸入の極みでは、リサーチ技術と販売技術を中心に、中国輸入転売に限らず、他の転売でも
応用できる知識と知恵を身につけられます。

サブコンテンツ

このページの先頭へ