【ブランディングマスターコース】サロンや治療院の集客に不可欠なのは「ブランディング」

branding

>>公開は終了しました<<

ブランディングというと、ファッションブランドや、知名度を高めるといったイメージを連想
するのではないでしょうか?

しかし、高級化すればブランドになるというわけではありません。

それとは逆に、ブランドになったから価格競争に巻き込まれることなく高値でも売れるように
なった
のです。

つまり、あなたのサロンや治療院が、お客さんから「ブランド」として認識されるようになる
と、近くのライバル店が価格競争を仕掛けてきても影響を受けず、今まで通りにお客さんから
選んでもらえる存在になれるのです。

このように「ブランド」として認識されるように行うのがブランディングです。

しかし、具体的に何をすればブランディングになるのか分からなければ、手当たり次第に試行
錯誤を続けたところで、何も成果が出ないままに終わってしまうだけです。

有名なチェーンにでも参加しない限り、いきなりブランドになることはありません。

もし、あなたが世界的にトップレベルの人材であれば、あなた自身がブランドになりますから
たとえ、店舗のブランドがゼロであっても、あなたの存在だけで十分です。

しかし、あなたの業界での知名度は「全くない」といったほうがいいですよね。
このようなブランド化は、逆立ちしても不可能でしょう。

ほとんどのケースでは、ブランドになるまでに、地道で着実なブランディングが必要です。

早くても年単位の時間は必要ですから即効性は期待できませんが、しっかりとブランディング
を行っていれば、徐々にブランドの効果を実感できるようになってくるものです。

そこで、あなたのサロンや治療院をブランディングするための具体的な方法をコンサルタント
坂口勇人さんがマニュアルにまとめました。

それが「ブランディングマスターコース」です。

坂口さんは集客コンサルタントとして、数多くのサロンや治療院、店舗などをブランディング
してきた実績を持ちますが、成功者はビジネスという面を重視していると指摘をします。

メンタル面だけでなく、行動にもビジネスを意識して取り組んでいるかどうかで大きな違いが
生まれてくるものです。

サブコンテンツ

このページの先頭へ