【天地創造 ONENESS】「パクる」のが成功の秘訣というのは下品な発想?

tenchi

>>公開は終了しました<<

パクリビジネス」というのは、とにかく嫌われるものです。

何の努力もしないで、苦労してビジネスを立ち上げてきた先人たちのおいしいところだけを
全て奪い取るといった発想があるからではないでしょうか。

もちろん、特許違反をしようが関係なく、とりあえずパクれるだけパクって、訴訟になった
ところで無駄に引き伸ばしたり、裁判のための裁判を起こしたりして、グダグダにして和解
するといった汚い手口もありますが、そこまで徹底してパクる企業や人は少ないでしょう。

単なる猿マネであれば、海賊版の生産地と知られるエリアなどが最も得意なのでしょうが、
「参考にして工夫する」という観点で考えると、パクリは必ずしも悪いものだと決めつける
わけにはいきません。

全くの猿真似ではなく創意工夫が新たに付け加わることで、従来より便利になるからです。

全く何もない状態からビジネスを立ち上げるよりは、法令違反をしないという前提において
この「パクリ」を有効活用したほうが効率的にビジネスをスタートできることは言うまでも
ありません。

人付き合いが苦手で、目立つのが好きじゃないからビジネスを立ち上げて「シャチョー」に
なっても無理という人もいるでしょう。

そういう人のためにこそ、ネットビジネスは役立つのです。

人間的におとなしくても、稼ぎはジャイアン級といったケースは珍しくありません。

ネットビジネスと一口に言っても、アフィリエイトや情報起業、せどりなどの知名度の高い
ものだけではありません。

SEOを行うエンジニアやセールスレター作成などに携わるコピーライター、更には後ろから
糸をひくだけのフィクサーといったら怪しく感じるかもしれませんが、苦手な交渉事などは
パートナーに任せて、自分の得意分野で勝負をするといった具合にさまざまです。

これらのネットビジネスに取り組むにあたって成功事例をパクることで、自力で全く新規に
ビジネスを立ち上げるよりも、人的・金銭的、時間的など、数多くのコストを節約すること
ができます。

せどりなど、仕入れが伴うものは別としても、ネットビジネス自体は低コストで行えるのが
魅力ですから、全くのゼロからでも簡単に成功できるというメリットをいかさないのは全く
モッタイナイ話です。

せっかくだから、どのようにパクればいいのか、その方法もパクリましょう。
それが「天地創造 ONENESS」です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ