【ゴーストライターを雇おう】作曲家よりも作家のほうが堂々と使える!

g-writer

appli02_yellow

作曲もゴーストライターを使う時代になったというべきなのかは分かりませんが、書籍の世界
では従来からゴーストライターを使って出版することは珍しくありません。

あなたが書籍化したいと思っているネタがあっても、実際に文章を書いて書籍化する段階まで
たどりつけないというのであれば、ゴーストライターを雇い、あなたはアイディアを伝えて、
実際の文章化はゴーストライターに丸投げすればいいのです。

しかし、そんな話を言われても現実性に欠けると思っていませんか?

その上、出版されて満足というので終わりではなく、副業として収入が得られるレベルにまで
稼ぐことができるといったら、なおのこと驚くかもしれません。

一見して非現実に思える、この提案を安価に現実化させる方法が新たに発見されました。

あなたが著者となって出版をするのは「電子書籍」です。

電子出版と言っても、あなたが今まで聞いたこともないような胡散臭い業者を使うのではなく
あの「amazon」などで出版できますから多くの利用者から目につきますし、出版社を通じて
自費出版をするのと比べても激安価格で出版することができます。

電子出版といっても、あなたはパソコンの難しい作業を行う必要は一切ありません。

原稿作成だけでなく電子書籍化の作業もゴーストライターや外注業者に任せてしまえば、何も
する必要はなく、あなたはアイディア出しだけに集中すればいいのです。

それでは、ゴーストライターをどこで見つければいいのでしょうか?

コストが掛かり過ぎたら、稼ぐどころか損をするだけに終わってしまいます。
どうやって調達するかによって、ゴーストライターの品質や費用が全く変わります。

【詳しくはこちら】

サブコンテンツ

このページの先頭へ