【劇場集客メソッド「真」】万年赤字の劇団が黒字化達成できた

shin

>>公開は終了しました<<

現場にいるあなたであれば嫌というほど実感できていると思いますが、公演やスポンサーからの
収入で採算が成り立っている「恵まれた劇団」というのは、ほんの一部です。

あなたも含まれているとは思いますが、劇団員の持ち出しで何とか成り立っている同好会レベル
の劇団が大多数です。

舞台や公演、芝居などで生計をたてたいという気持ちはあるとは思いますが、とてもじゃないが
金銭面で不可能なので、大半の時間をお金を稼ぐための仕事に費やしているという状況ではない
でしょうか?

費用だけでなく、練習時間や練習場所の確保にも苦労していると思います。

公演を行うにしても、なかなか観客が集まらないので苦労しているのではないでしょうか?

有料公演で満員になれば、今より楽になるのに
と思っても現実は程遠く、妄想レベルにしか思えないというところでしょう。

しかし、知名度や資金力が乏しい零細劇団であっても集客することは可能だというのは、元俳優
で、公演やセミナー、イベントなどの集客コンサルタントである並木健太郎さんです。

この並木さんの劇場集客ノウハウをマニュアル化したのが劇場集客メソッド「真」です。

劇場集客メソッド「真」を実践したことで集客率が5倍以上になったと喜ぶ劇団主催者もいれば
チケット売りのノルマに苦しむ必要がなくなったという女優さんもいたりと効果が出ています。

劇団などに所属しないフリーの役者でも集客の本質は同じですから、少し読み替えるだけで内容
的には同じように使えます。

並木さんも劇団に所属していた頃は、劇場集客メソッド「真」の集客術をもちいることで万年の
赤字体質から脱却できたので大いに喜んでいたといいます。

劇場集客メソッド「真」を実践することで、どうして劇場に足を運ぶお客さんの数が増えるので
しょうか?

答えを言えば、マーケティングの理論と手法を用いて集客を行っている劇団は少ないからです。

ビジネス書や学校などで学問的にマーケティングの勉強をしている人はいるかもしれませんが、
劇場集客というレベルまで落としこんで実践している人が少ないのです。

そこで、並木さんはマーケティングの中でもDRMの手法を効率良く用いることで、なかなか人が
集まることの難しい劇場集客で成功することができました。

劇場集客メソッド「真」は、もちろんマーケティングの知識などが全くなくても問題なく内容を
理解して実践できるようになっています。

広告・宣伝などの未経験者でも、簡単に実践できなければ意味が無いからです。

サブコンテンツ

このページの先頭へ