【SEOアクセスアップパーフェクトマニュアル】ハミング時代に昔の手法は通用しない

seomnl

>>公開は終了しました<<

googleの検索アルゴリズムとして、ペンギンアップデートやパンダアップデートといった具合に
従来はペナルティを与えるロジックばかりが注目されていたわけですが、ハミングバードの開始
で、「キーワード検索」という従来の概念が根底から覆ったことは意外に知られていません。

従来のSEOの観点から見れば、順位変動は大きくないなどといった理由で軽視されることが多い
ハミングバードですが、導入以降、検索回数が大きく減ったというケースは少なくありません。

順位は同じであっても、検索結果として表示される回数が減れば、サイトやブログへのアクセス
数も減少
するからです。

一つの単語で複数の意味を持つことは珍しくありませんし、検索したい目的によって同じ単語
であっても欲しい結果が変わってきます。

従来であればキーワード単位で検索結果を表示させていたことから、このようなニュアンスの
違いは全く無視されていましたし、新たにキーワードを追加することで絞り込み検索を行うと
いうのが一般的でした。

しかし、ハミングバードの導入以降、このニュアンスをgoogleで自動的に認識して検索結果を
表示するようになったのです。

その結果、欲しい検索結果が全く表示されなかったり、アドワーズ広告ばかりで見苦しいなど
といったケースもあるといいますが、キーワードで検索しなくても文章を入力すれば、正確な
検索結果が得られるといったケースも増えています。

ハミングバードで打ち止めということはなく、今後もさまざまなロジックが導入されることは
既定路線ですから、小手先のSEO対策で右往左往するのではなく、「検索エンジンの基準」に
沿った「王道」のSEOをしなければ対応できない時代
です。

だからといって、バカの一つ覚えのように「コンテンツSEO」以外は邪道といった硬直化した
考え方では、将来的に対応できなくなることは言うまでもありません。

確かにコンテンツSEOというのは「検索エンジンの基準」に沿った方法ではありますが、誰か
がいったことを盲目的に信じこむという姿勢に問題があるわけです。

自ら学んで納得して実践できる
というレベルに到達しなければ、いいように流されるだけです。

サブコンテンツ

このページの先頭へ