【ゼロから始めるシニアマッサージ&ストレッチ】場所を問わず施術者が疲れない施術法

rsmethod

>>公開は終了しました<<

高齢者向けマッサージには、特に注意をしなければいけないポイントが数多くあります。

力を入れすぎると簡単に骨折しますし、筋肉も縮んで固まっていますから、無理にストレッチを
しようとすると肉離れや筋肉を痛めてしまう結果にもなりかねません。

また、設備の整った治療院で施術をするのと比べると、自宅などに訪問して行うマッサージでは
布団やソファー、畳の上といった具合に環境が異なりますので、どうしても施術者が思い通りの
施術を行えないケースも珍しくありません。

あなたも訪問マッサージや高齢者向けマッサージをした時に、思い通りに行かずに悔しい思いを
した経験があるのではないでしょうか?

逆に言えば、高齢者向け訪問マッサージという分野はリスクが高いと考えられがちでライバルが
少ないわけですから、問題点を理解した上で解決策を身につけて、適切な施術を行えるスキルを
身につけていれば、それこそ膨大なビジネスチャンスがある
といえるでしょう。

高齢化社会が今後ますます進展していくわけですから、狙い目だとも言えます。

しかし、シニア向けという観点で言えば、国家資格を取得するための鍼灸学校や指圧学校などで
教えている内容は十分とは言えませんし、民間資格の整体学校などでも同様です。

独学と経験だけで身につけてきた無資格者からすれば、全く学んだ経験がないといったところが
本音でしょう。

そこで、リハビリマッサージやリハビリデイサービスを運営する「アールズ」が10年間の実績を
元に開発したオリジナルマッサージ&ストレッチメソッドを自宅で学びませんか?

マッサージだけでなくストレッチやエクササイズを複合的に組み合わせていくことで、患者さん
にあった最適な施術が行えるようになります。

高齢者向け訪問マッサージを想定していますので、布団、ソファ、介護ベッドなど、さまざまな
環境であっても効果的な施術が行えるメソッドを身に付けることが出来ます。

また、一般的に手業といえば親指を使うものですが、どうしても施術者が痛めやすい部位である
ことから、アールズが独自に開発した中指マッサージなどを用いることで、施術者の故障を予防
して健康的に施術が行えるようにする
といった観点も忘れてはいけません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ