【風花初芽】エンタメ系トレンドアフィリとの決別!ノウハウコレクターには既視感も

kanahana

appli02_yellow

風花未来」こと、元コピーライターの高田康孝さんによるアフィリエイト情報商材「風花」
シリーズ
も、2008年の風花心伝からはじまり、2013年まで発売されていた風花心伝Rebirthの
間にも、風花シリーズ情報商材の販売開始と販売終了を繰り返してきた歴史があります。

風花心伝のころはエンタメ記事でアクセスを集めて、楽天やamazonなどのクッキー型アフィリ
エイトで稼ぐといった手法でしたが、今回の「風花初芽」は完全に異なります。

共通しているのはブログを使うという程度で、従来のようなトレンドアフィリエイトではなく、
商品を紹介するアフィリブログを作って稼ぐという、至ってシンプルな物販アフィリエイト手法
です。

クッキーによる報酬は単価が安いことから一切使わず、アフィリエイト初心者には敷居が高いと
一般的には言われている、物販ASPを使った手法になります。

風花初芽は、風花心伝Rebirthの内容をコンパクトに纏めて、アフィリエイト初心者が迷うこと
なく報酬ゼロから脱却することを目的としています。

しかし、「ノウハウコレクター」をはじめとして、他のアフィリエイト情報商材を読んだことの
ある人からすれば既視感のある内容ばかりで目新しさはない
と思います。

それこそ「風花初芽は無料レポートレベル」と酷評するレビューサイトさえあるぐらいです。

ブログ物販アフィリエイト系の無料レポートを10冊ぐらい集めてくれば、風花初芽と同じような
内容になるのではないかと個人的には思いますが、それだけ無料レポートを読み込んで実践する
ことができるレベルの実力を持っていれば、そもそも風花初芽は必要ありません。

無料レポートを読み込んで、自分の手法として取り組めるだけのスキルもない初心者向けに作成
されているのが「風花初芽」だからです。

風花初芽が故意に書き落としている分野は「SEO」です。
アフィリエイト初心者がSEOに取り組んでも時間の無駄だからという割り切りです。

現代の高度化したgoogleアルゴリズムにかかれば、素人がSEOを行ってもペナルティが課される
確率が高くなるだけですし、本気でSEOを行うつもりであれば高度な実力が求められますから、
プラマイを考えれば何もしないほうがいいと割り切ったほうが良い結果が得られるからです。

風花初芽はそれほど高くはないので、アフィリエイト入門書としては良いマニュアルです。

【詳しくはこちら】

サブコンテンツ

このページの先頭へ