【盗聴発見マニュアル】プロと同じ盗聴器発見調査をあなた一人で行える!

tocho

appli02_yellow

一昔前と比べると、盗聴器を手軽に買えるようになりました。

盗聴器自体も目的を達成するためにバレにくい形状になっているものが増えていますし、電源も
供給され続けるようUSBやコンセントに直結したり、大容量電池が装着されているというケース
も珍しくありません。

その上、建物に入らなくても盗聴器を設置するノウハウやテクニックも広まっていることから、
誰も立ち入っていないのにもかかわらず盗聴器が設置されているという場合もあります。

その一方で、一人で盗聴器を発見する方法というのもマニュアルなどで売られていますが、プロ
からすれば初歩レベル以下といったものが少なくない
と指摘をしています。

このような方法で調査をしても、現代の高度な盗聴器に対しては全く役立たないケースが多いと
いうわけで、時間とコストの無駄遣いになりかねないのです。

素人であってもプロレベルの盗聴器発見スキルが求められる時代になったのです。

そこで、大阪府堺市にある赤井探偵事務所内に設置された「Akai盗聴・盗撮発見救助隊」が実務
で活用している盗聴器調査の手法が学べるマニュアルが公開されました。

それが「盗聴発見マニュアル」です。
DVD動画とテキストで全くの素人でも分かりやすく学べます。

盗聴器が使用している全周波数帯で調査ができるようになりますし、電波法で私的利用が認めら
れている2.4Ghz帯の盗撮カメラも発見することが可能です。

私的な利用が認められていない違法な周波数を使った盗聴器や盗撮カメラなどは、この盗聴発見
マニュアルでは見つけられないケースも有りますが、プロフェッショナルバージョンで学習する
ことで見つけられるケースも出てきます。

なお、盗聴器を見つけるための受信機は、あなた自身で用意する必要があります。
推奨機種は盗聴発見マニュアルで紹介していますので、用途に合わせて選ぶといいでしょう。

【詳しくはこちら】

サブコンテンツ

このページの先頭へ