【住宅ローン攻略マニュアル】不動産営業のための住宅ローン通過法!

homeloan

>>公開は終了しました<<

住宅ローンの審査が従来よりも厳しくなっています。

経済悪化や雇用の流動化が進んで給料が軒並み減少していることから、ローンを支払うことが
できなくなり、貸し倒れが増えていることに金融機関が警戒感を強めているのが原因です。

住宅ローンの審査さえ降りてしまえば、あとは購入者の責任ですから、仮に支払いが滞ったと
しても不動産営業の立場からすれば関係のない話ですが、せっかく契約書にサインをもらって
も、ローン審査が通らなければ物件の引き渡しができずに営業成績も上がらないという結果に
なりかねません。

資金に余裕のある富裕層から中間層あたりは問題がないとしても、住宅ローン審査が厳しいと
思われるグレーゾーンに対して、何とかローンを通過させて営業成績を上げたいと考えるのは
当然のことでしょう。

しかし、ローン審査が否決された時の理由というのは、バブル崩壊ぐらいまでであれば銀行員
がそれとなく教えてくれたものですが、現在では個人情報保護やコンプライアンスの立場から
全く分からなくなっています。

総合的に判断した結果
という一言で終わります。

あなたの上司に相談しても、持っているのはカビが生えた古臭い「常識」ばかりで、今の情勢
とは全く当てはまらないといったケースも珍しくありません。

多少は書き上げをしても「営業努力」として黙認するなどといった言葉を真正面に受けて物件
価格を割高にして資産価値があるように見せかけたり、所得を嵩上げするように、修正申告を
させるなどといった違法行為をすれば、詐欺罪などであなたが逮捕されるかもしれません。

昔やっていて問題なかったからといった理由で違法行為を行うと、現代の警察は監視が厳しく
なっていますから、見逃されなくなっています。

昭和の頃と比べると、飲酒運転の扱いが段違いに厳しくなっているのと同じです。

なお、金融機関によっても審査基準は大きく変わりますので、親密先の金融機関で否決された
ケースであっても、別の金融機関では審査が通過するといったケースもあるわけです。

このような情報は情勢によって大きく変わりますし、同じ金融機関でもキャンペーン中だけは
住宅ローン審査がゆるくなるといったケースも珍しくありません。

そこで役立つのが「住宅ローン攻略マニュアル」です。
カビの生えた古臭い知識ではなく、今日でも役立つノウハウばかりです。

サブコンテンツ

このページの先頭へ