【カメラオークションで稼ぐ究極の副業】月25万円の利益は簡単に実現!

SONY DSC

>>公開は終了しました<<

中古カメラの転売というのは、せどりの中でもホットなジャンルです。
しかし、決して安いわけではありませんが、競争が激しくなっているのも事実です。

東京にある某カメラ店では、開店前から仕入れをしようと待ち受けるせどらーの数が増加して
いると言いますし、開店直後の激しい争奪戦が日常の光景になっているとも言われています。

一つの店舗で仕入れが終わったら、近くにある別の店舗に仕入れに急ぐといった具合ですから
今さら中古カメラ転売に参入しても稼げないのではないかといった状況に感じられるかもしれ
ませんね。

しかし、中古カメラ転売で5年以上にわたり、今も稼ぎ続けている田代涼平さんは、これから
でも稼ぎ続けることは可能だといいます。

古本やCD、DVDなどの競争の激しいジャンルと比べると、中古カメラは一部の商品で飽和が
見られる程度で、まだまだ余裕がある状況です。

特に、カメラ本体よりもレンズや周辺商品をみれば、まだまだ余裕がある状況です。

もちろん、資金力に余裕のある業者やせどらーが買い占めに走る傾向も見られますが、全国で
すべての中古カメラ商品を一斉に買い占めるだけの勢力にまでは育っていませんから、将来的
にはわからないとしても、現時点では心配する必要はありません。

そこで、田代さんがどのようにしてリサーチを行って仕入れをしているか、あなたは知りたく
ありませんか?

カメラについての専門的な知識がなくても、極端なことを言えば、型番と価格がわかれば十分
ですし、入札者からの質問に答えられる程度の知識があれば十分です。

カメラに関する専門用語は知っておいたほうがいいですが、カメラ撮影の専門的な技術などは
なくても中古カメラ転売に限って考えれば必要ありません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ