【Whole YouTube】集客装置や教育手段としても活用できる!

appli02_yellow

YouTubeを使って稼ぐ
というと、トレンド動画を量産したり、とにかくアクセスを集めて次のアクションに誘導する
といったイメージがつきものですが、それ以外にも、さまざまな手法が存在します。

Haamalu合同会社CEOの石崎力也さんは日米の情報商材をチェックして、さまざまなYouTube
活用法を調査した結果、以下の3種類に集約できることがわかったといいます。

  • YouTube DRM
  • Vital YouTube
  • Trace YouTube

これらの手法を動画で学べるのが「Whole YouTube」です。
「Whole YouTube」の3つの手法の詳細は以下の通り。

YouTube DRM

「YouTube DRM」は、YouTube動画でアクセスを集めた後にリスト取得画面に誘導し、登録
されたメールアドレスに対してステップメールを流すというマーケティング手法です。

集客装置としてYouTube動画を使う手法ですが、YouTubeアドセンスと併用することで若干は
プラスアルファの収入も得られるかもしれません。

Vital YouTube

「Vital YouTube」は、ブランディングを高めるためにYouTube動画を使う方法で、実店舗経営
者やコンサルタント、カウンセラーや士業などに役立つ手法です。

士業の場合は広告規制や法律による規制があることも珍しくありませんが、可能な範囲で取り
組むことで、自分の名前を売ったり、案件獲得、集客などに効果を発揮します。

Trace YouTube

「Trace YouTube」はトレンド動画や政治系の動画などを連想すればわかりやすいと思います
が、トレースする対象を決めた上で動画を作成して、再生回数を増やしてYouTubeアドセンス
で稼ぐという手法です。

【詳しくはこちら】

サブコンテンツ

このページの先頭へ