【超効率型せどりの全て】専業せどらーと同じようには行動できない!

appli02_yellow

副業せどらーは「専業せどらーのミニチュア版」であるかのように言われることがありますが、
単純に作業時間が短いというだけでなく、作業時間に制限があるという点が大きなハードルだと
いうことが忘れられがちです。

例えば、専業せどらーであれば、仕入先の店舗の開店前から行列に並んで待つことが出来ますが
多くの場合、店舗がオープンする時間はサラリーマンであれば勤務時間中ですから、並ぶことも
できませんし、平日の場合には早くても夕方以降にしか自由に動けないというのは仕入れという
点では大きなハンデを背負っている
といえるでしょう。

専業せどらーが午前中から夕方にかけて仕入れた後の店舗で仕入れることになりますので、これ
だけでも不利な事は言うまでもありません。

休日の場合には専業と同じ条件で仕入れができますが、ライバルが増える分だけ仕入れが難しく
なるというのは厄介なものです。

その上、転売ビジネスは仕入れだけで終わるわけではなく、出品作業や出品先がヤフオクやメル
カリなどの場合には落札者との連絡や入金確認などを行って、商品を発送するという作業も必要
ですから、兼業せどらーの場合には、とにかく作業時間が足りません。

外注を雇ったり、代行サービスに依頼するという方法もありますが、どうしても商品数が少ない
と割高になりますので、手軽に依頼できないのではないでしょうか。

そこで、専業せどらーの小山内裕哉さんが推奨するのが電脳せどりです。

アマゾン、ヤフオク、メルカリという3つのマーケットで商品を転売することで転売益を得る
いうものですが、パソコンがなくてもスマホだけでも実践できますので、仕事の合間にでも手軽
にリサーチや仕入れが行えますし、仕入れた商品の受け取りや落札された商品の発送などを休日
にまとめて行えば、限られた作業時間を有効活用できます。

この電脳せどり手法をマニュアルにまとめたのが「超効率型せどりの全て」です。

オプションで専用コミュニティ「おこづかいWAKU湧くアカデミー」も用意されています。
ノウハウだけでなく情報交換や相談も行えるという点が異なります。

【詳しくはこちら】

サブコンテンツ

このページの先頭へ