【事業再生マニュアル】資金繰りが苦しくても倒産せずに乗り越える!

appli02_yellow

アベノミクスで景気が改善したという声も聞かれますが、バブル期の最盛期でも年間6500社
近くの企業倒産がありましたので、好景気になれば解決するという問題でもありません。

バブル期であれば、ロクな担保がなくても金融機関が喜んで追い貸ししたものですが、現在は
景気の動きに関係なく、金融機関自体の健全性を保つために審査態度が慎重になっていること
もあって、資金繰りの厳しい企業に対する融資は難しくなっているどころか、追い剥ぎのよう
に回収することも決して珍しくありません。

このため、さまざまな人から取り立てに追われるようになり、資金調達も難しくなってくると
経営コンサルタントや税理士なども倒産や自己破産を勧めてくるようになりますが、事業再生
コンサルタントの瀬間隆司さんは、これまでの豊富な経験から、ほとんどのケースでは倒産や
自己破産をしなくても事業再生できる方法は存在する
と指摘します。

今後、長期にわたって売上が全く見込めないような状況にでも陥らない限りは、

借入金が原因で会社が潰れる事はない

と瀬間さんは断言しますが、倒産しようと思っても、倒産するほうが難しいという現実がある
からです。

不渡りを出しても現金決済に切り替えることで取引が続けられるケースは珍しくありませんし
訴訟や差し押さえなどと言って脅す債権者も少なくありませんが、本当に行動しても経済的な
メリットが皆無なので、人間的に恨まれているようなことでもない限りは徹底的に潰しに来る
ケースはほとんどないと瀬間さんはいいます。

このため、精神的に動揺すること無く、実行可能な選択肢の中から最適な答えを選んでいけば
いい
わけです。

その際に役立つのが、瀬間さんが作成した「事業再生マニュアル」です。

ノウハウを渡して終わりではなく、メールと電話によるサポートもついています。
マニュアルの内容に関する質問だけでなく、あなたのケースにおける解決策などの相談も対応
してくれます。個別コンサルは別料金ですが、一般論としての回答であれば受けられますので
まずは気持ちを整理するのにも効果的です。

【詳しくはこちら】

サブコンテンツ

このページの先頭へ