【レンズ転売セミナー】カメラ転売で稼ぐためには本体よりもパーツを狙え

lens

appli02_yellow

せどりビジネスの中で有名なジャンルの一つが、一眼レフなどのカメラジャンルです。

その中で、カメラ本体よりも狙い目なのが「カメラのレンズ」だというのは、せどり自体が
注目されるようになった2005年からカメラ転売に取り組んできたという田代涼平さんです。

その理由として、一眼レフカメラの場合、カメラ本体は1台で十分としても、レンズは用途に
応じて何本でも必要となることから、需要が旺盛だという点があげられます。

その上、カメラ本体よりも高額なレンズも少なくありませんから、転売益も大きくなる傾向が
見られます。

カメラ本体は時間の経過とともに陳腐化して価値が低下することから、マニア受けする銘器で
もなければ値崩れする傾向がありますが、レンズは価値が下落しにくいだけでなく、逆に上昇
することもあるといいますから、転売するには都合のいいジャンルなのです。

しかし、レンズに関する専門知識を身につけていないと、なかなか転売益を得るのは難しいの
ではないかと思っていませんか?

ビームせどりのように型番を見て値幅の大きなレンズだけを拾っていくというのも一つの手法
ですが、あらかじめ知識を持っているのと、リストやバーコードリーダーを片手に、手当たり
次第に調べていくのとでは、どちらが効率的かは言うまでもない
でしょう。

そこで、カメラジャンルについて全く知識や経験がない人でも、カメラレンズ転売で稼ぐため
に必要な知識を効率良く身につけられるよう、田代さんが在宅セミナー教材を作成しました。

それが「レンズ転売セミナー」です。
音声とテキストで、文章を読むのが苦手な人でも簡単に理解できます。

【詳しくはこちら】

サブコンテンツ

このページの先頭へ