【海外ネットビジネスで稼ぐ仕組みの作り方】あなたの英語力が利益に直結する

abnetbiz

appli02_yellow

「英語力を使ったビジネス」というと、どのようなものを思い浮かべますか?

翻訳や通訳などを連想するかもしれませんし、外資系企業で勤めるといったイメージを持つ人
もいるでしょう。

あなたの場合はどうですか?

あなたが、ある程度、英語の読み書きがスムーズに行えるというのであれば、英語圏の人々を
相手にしたインターネットビジネスで稼ぐという手法もある
ことは、意外な盲点といえるかも
しれません。

英語圏の人々を相手にしたネットビジネスといえば、eBayや海外amazonマーケットプレイス
に出品する「海外せどり」が有名ですし、アドセンスを貼り付けてクリック報酬を狙うという
具合に小銭稼ぎに取り組む人も意外に多いものです。

しかし、富田貴典さんは、せどりやネットショップなどのように物を動かして稼ぐのではなく
情報を動かして稼いだほうが効率的で手間なく稼げるようになる
とアドバイスをします。

それってアフィリエイトのことだろう?
などと思っているかもしれませんが、数多くあるうちの一つでしかありません。

あなたが英語で情報発信をして集客することができれば、後はどのようにして稼ぐかは別問題
です。

その中でも、インターネットを使って海外に日本の情報を配信することが、最も簡単に稼げる
方法
だと富田さんは強調します。

Webサイトやブログを開設しSEOやPPCなどで集客する方法もあれば、ハンモックYoutuberに
なってYoutube動画などをアップするというのも効果的です。

日本に関する情報と一口に言っても、その内容はさまざまです。

韓国が行っているディスカウントジャパンへの対抗などといった政治的なネタは海外ネトウヨ
向けに受けるとは思えませんが、海外受けするようなOTAKUやMOEなどのサブカルチャー的な
ものであるとか、日本国内の観光マップに出てこない名所一覧などは注目度の高いコンテンツ
といえるでしょう。

富田さんは、具体的な方法を「海外ネットビジネスで稼ぐ仕組みの作り方」いうマニュアルに
まとめました。

なお、機械翻訳で日本文を英文に変換しないと無理といったレベルの英語力では無理です。
ぜひとも英語の勉強をしてください。

日本語の文章を書く感覚で英文をスラスラと作成できる人であれば月7桁レベルの稼ぎを得る
事も難しくありませんし、日本だけを相手にしてアフィリエイトなどで稼ごうと考えるよりも
成功する確率は高い
と言えます。

【詳しくはこちら】

サブコンテンツ

このページの先頭へ