【特許翻訳入門30日速習プログラム】稼げる翻訳と稼げない翻訳を見極めろ

tokyoeng

>>公開は終了しました<<

翻訳なんて儲からないからやめた方がいい
といった言葉を聞いた経験はありませんか?

翻訳や通訳の実務をしている人からも聞いたことがあるかもしれませんが、一部では正しくて
一部では間違い
というのが現実です。

一口に翻訳と言っても、大きく3種類に分類できます。

  • 文芸翻訳(外国語書籍の日本語化、日本語書籍の外国語化)
  • 産業翻訳(マニュアルやカタログ、レポートなどの翻訳)
  • 特許翻訳(特許書類の翻訳)

産業翻訳は作業単価が非常に安いことから、ほとんど旨味がありません。
翻訳は儲からないという人は、この産業翻訳に従事しているケースがほとんどです。

また、文芸翻訳は当たり外れが大きいだけでなく、大当たりをするチャンスは非常に低いため
産業翻訳と同様に、思ったほどには稼げないケースが大半です。

それとは逆に、特許翻訳を求める需要が高い一方で、翻訳者の数が少ないことから、必然的に
費用が高額になっていますので稼ぎやすい
のです。

事務所にフルタイムで勤めなくても、在宅ワークでも月30万円は軽く稼げるのです。
産業翻訳では不可能な水準ですし、文芸翻訳でも大ヒット作にならないと難しいでしょう。

特許文書というと翻訳するのが難しいという先入観を持たれがちですから、現役の翻訳者でも
参入が少ないわけですが、40年以上にわたって特許翻訳を行ってきたという弁理士の山元俊仁
さんによると、決まりきった書き方のパターンさえ知ってしまえば難しくないといいます。

しかし、この特許翻訳の基本を学べる機会というのが少ないからこそ、現役の翻訳者でさえも
特許に関する知識がないと手を出しづらいという「参入障壁」が自然と生まれています。

そこで、この特許翻訳の基本を学べるマニュアルを山元さんが作成しました。
それが、「特許翻訳入門30日速習プログラム」です。

1日1時間の勉強で、1か月後に特許翻訳ができるようになります。

もちろん、アルファベットを見るだけで頭がクラクラするといった英語アレルギーの強い人や
勉強しても英語が全く上達しなかったという人には難しいかもしれませんが、英検2級レベル
の実力があれば、特許に関する知識が皆無でも問題ありません。

「特許翻訳入門」とありますが、この後に別のアドバンス的な教材があるわけではなく、実務
に直結した入門という意味であって、このマニュアルで勉強すれば特許翻訳の仕事がこなせる
レベルに到達できます。

サブコンテンツ

このページの先頭へ