【脅威の転職マニュアル】転職業界のタブーを知って年収アップで転職できる

t-life

appli02_yellow

転職するほどに雇用条件が悪くなるというのは、一般的な転職の常識として有名です。

転職するほどに年収が上がっていくなどというのは、ごく一部の優秀な人材だけの話であって
自分には全く関係がない話だと思っているのではないでしょうか。

世界で自慢できるレベルの卓越したスキルもなければ、飛び抜けた成績を上げているわけでも
なく、いつでも他人に取って代わられてもおかしくないポジションにしがみつくだけで必死と
いったところかもしれないですね。

今までにスカウトなんて来たこともなければ、転職したい企業に応募をしても書類選考だけで
落とされてしまうといった状況かもしれません。

しかし、転職コンサルタントの青島拓さんは「転職業界のタブー」を知ってしまえば、逆手に
とることでスキルも経験もない平凡以下のハンデだらけの人材であっても、おもしろいように
内定がもらえるようになるだけでなく、給料などの雇用条件も改善する
というのです。

特別なスキルや資格がなくても関係ありませんし、キャリアの強みや業務経験などもある方が
有利な場合もありますが、たとえ大企業だったとしても、大きなハンデになるというわけでは
ありません。

それどころか、誰しも考えているが、マイナス材料になると思って口を閉ざしがちな、会社の
人間関係や薄給・重労働に嫌気をさして退職しても全く問題ない
というと驚くかもしれません。

もちろん、単に知識として「転職業界のタブー」を知るだけでは不十分であって、使いこなす
ことができるようになる必要があるわけですが、青島さんは転職希望者が誰でも使えるように
マニュアルにまとめました。

それが「脅威の転職マニュアル」です。

【詳しくはこちら】

サブコンテンツ

このページの先頭へ