【キーワードライティング】成果給とアフィリのどちらを選ぶかはあなた次第!

keywrite

>>公開は終了しました<<

ライターといえば、タバコに火をつけたり、放火するのに必要不可欠なツールの方を連想する
人もいるかもしれませんが、今回の「ライター」はwriter、つまり、「書き手」のほうです。
(火をつけるほうのライターは「lighter」です)

ライター」というと、ゴーストライターやコピーライターといったイメージを持つ人もいる
かもしれませんが、素人には手を出しづらい業界の話で自分には関係ないと考えているのでは
ないでしょうか。

しかし、在宅ライターの「くらとーま」さんは、専門の職業ライターだけでなく、全て在宅で
素人でも手軽に取り組めるライター業務が存在する
といいます。

在宅ライターというと1記事あたり数円~数十円でブログの記事を書くような、最低賃金にも
満たない作業のことかと思っているかもしれませんが、もちろん、そのような「仕事」を行い
数千円から数万円程度の収入を得るのもいいでしょう。

作業量の割には在宅ライターは稼げない事に気づいて、短期間で辞めていく人が多いわけです
が、くらとーまさんはこういった低賃金の作業ではなく月10万円以上を狙えるライター業務も
あることを知らないのはもったいない
と指摘します。

最低賃金以下の作業を続けるのか、それとも、時給換算1500円以上の仕事を受けられるように
なるかの違いは、「キーワードライティング」スキルの差だとくらとーまさんは言います。

キーワードライティングは、DRMのよう人間感情を動かして商品を買わせたり申込をさせると
いったライティングメソッドではなく、依頼者が提示したテーマやキーワードにそって記事を
作成していくライティングメソッドです。

依頼者から与えられたテーマを整理して、与えられた指示の範囲内で文章を作り上げていくの
が業務になりますから、全くのゼロから文章を作り上げていくのと比べると難易度ははるかに
低いわけです。

とはいえ、単純にキーワードを意識して書くというだけでは、キーワードライティングを身に
つけることはできません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ